シロッコファンに関する概要と特徴

シロッコファンは換気扇の一種で、筒のような形をしているのが特徴的です。この換気扇は階層の多いマンションなどに主に使われていて、外に吹いている風に影響されにくく、音も小さいという特徴を持っています。また、天井部分や壁の内部に取り付けられているダクトという風の通り道を利用して空気を外に逃がすという機能があります。さらに、台所の位置に関係なく、設置する事が出来ます。プロペラ型の換気扇と比べてみると、羽根の数が多く、また羽根同士の隙間が狭いので掃除をするのに手間が掛かるのがネックです。しかし、換気扇によって出される騒音を防ぐ事が可能であり、複数の世帯が住んでいる集合住宅にとってシロッコファンは役に立つと言えます。言うまでもない事ですが、シロッコファンは通販サイトでも販売されていて、価格も製品ごとに異なっています。

大手の飲食店はシロッコファンを使っています。

大手の飲食店は大量に料理を作ります。その為大量の煙が出ます。それをファンの換気扇で喚起するのは大変です。ファンの換気扇は吸引力が弱いわけです。その結果煙が抜けきらない場面が想像できます。大手の飲食店には吸引力の強い換気扇が必要になるわけです。ではどのような換気扇がいいかと言うことになりますが、シロッコファンの換気扇がいいことになるわけです。これはファンがありません。ジェットエンジンのような構造になっています。吸引力が大変強いのが特徴です。ただ掃除がやりにくいのが欠点です。それと価格的にファンの換気扇に比べると高くなります。掃除は素人では無理なので業者に頼むのがいいと思われます。素人でも器用な人ならできるかもしれませんがかなりやりにくい為時間が掛かってしまいます。飲食店の場合は設計段階からシロッコファンにすることになっている場合がほとんどです。

シロッコファンを利用してみたいなら

シロッコファンというのがあります。これは多翼送風機のことです。わかりやすくいえば、台所で使用されるレンジフードファンの一種です。回転方向にたいして多数の幅の細い羽根が取り付けられていて、比較的に低い静圧の範囲に用いられる送風機のことです。空調用、給排気用そして燃焼空気は行き用などと用途も広いです。ダクトを通して自由な方向に排気をすることができます。そしてプロペラファンに比べて屋外の風の影響が少なくなっています。レンジフードの背面から直接屋外に排気できない場合そして外部の風が強いところで高層マンションなどで使われる事が多くなっています。もし必要とするなら簡単に取り付けをお願いすることができるから相談をしてみることです。そこでまずは見積もりを出してもらえるから相談して決める事ができます。お願いしてとりつけてみる事です。