エアコンのシロッコファンの部分

夏は絶対に使いますが、冬でも使われている家も多いでしょう。1年中使っているエアコンのシロッコファンの部分には、多くのカビが生えています。1年中使っているのに、手の届きにくい箇所に設置されているので、掃除をしないで終わってしまうと言う家は、多いでしょう。定期的に掃除をしないと、カビが凄く繁殖してしまっています。見えない空気中に浮遊しているカビの菌が、口の中から入って体の中に住みついてしまうと、病気になってしまう人も居ます。そうならない様に、シロッコファン始め、エアコン内の掃除をした方が良いです。今は、簡単に掃除が出来る清掃道具なども有りますので、それを使って掃除をすると良いでしょう。エアコンの中の仕組みなどを破壊しないように丁寧に掃除をしましょう。やり方が分からない場合は、ネットでエアコンの番号を入れて調べると出てきます。

シロッコファンとプロペラファンに関して

換気扇そして空調に活用される送風のシステムには、シロッコファンとプロペラファンが存在します。一般的な住宅で世の中に出回っているプロペラファンは、シンプルな羽根を回転させて空気を送るメカニズムで、外壁にストレートにセッティングします。しくみが簡単なことからメンテナンスがしやすく、吸引する力も強い一方で、騒音が相当あって、外風が強い状況だと影響を受け易いというウィークポイントもあります。シロッコファンは狭い数多い羽根を縦の向きにポジショニングして回転させる送風機になります。吸った空気はダクトを介して屋外へ排出されます。風のボリュームは多いものの吸引する力はか弱くて、ダクトが長すぎると効率が下がります。加えてメカニズムが難解でお手入れがしにくい点は懸案事項ですので、メンテナンスは、注意が必要になります。

シロッコファンのメカニズムについて

シロッコファンは、多くの翼を持っている送風機です。そして、回転する方向に対していろいろな幅が細めの羽根が付属されていて、相対的に低レベルの静圧が用いられている送風機です。いわゆる空調用もしくは給排気用そして、燃焼空気の排気用など役目も広範囲になっています。加えて、台所に活用されているレンジフードファンによるものもあり、ダクトを介して自由自在な方向に排気でき、プロペラファンと対比して、屋外の風の影響が少なくて済み、外部の風が強い高層マンションにおいて活用されています。長さにつきましては長くない羽根が複数付いており、色々な送風機に活用していくことができます。レンジフードまた浴室換気乾燥機などにしばしば取り扱われています。マンションにおいては、ダクト配管に応じて自在な向きに排気していくことができることが特徴になります。